睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群睡眠中に無呼吸を繰り返して、様々な合併症が引き起こる疾患を睡眠時無呼吸症候群と言います。睡眠時に呼吸が止まったり、弱くなったりするため、Sleep Apnea Syndromの略でSASと呼ばれることもあります。睡眠中に、10秒以上気道の空気の流れが停止している状態を無呼吸とします。この無呼吸が一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上起こった場合、睡眠時無呼吸症候群とされます。
寝ている間の無呼吸は、自覚することができないため、検査や治療を受けずに知らない間に睡眠時無呼吸症候群になっている人が多いと言われています。自覚症状がないものの、睡眠中の無呼吸によって睡眠不足から脳や身体の十分な休息が取れず、断続的に覚醒した状態となり、日中に強い眠気に襲われるほか、全身の倦怠感や集中力低下を招きます。さらに、低酸素血症と、それに伴う睡眠の分断・交感神経の亢進によって脳血管疾患や心疾患発症のリスクが高まります。このように、睡眠時無呼吸症候群は、高血圧・心不全・不整脈などの合併症の発症リスクが高まるため注意が必要です。また、糖尿病や脳卒中の発症リスクも高まるとされています。

睡眠時無呼吸症候群を放置すると

睡眠時無呼吸症候群の場合、車の運転中の眠気や居眠り運転を起こした経験割合が通常の4~5倍となる調査結果があります。国内においても、睡眠時無呼吸症候群が原因で日中突然に激しい眠気に襲われて起こす交通事故がいくつもあります。突然襲う眠気による重大な事故も多数あるほか、脳血管疾患や循環器疾患などとも深い関与があることもわかっています。

心臓病

不整脈のうちの心房細動は、睡眠時無呼吸症候群との関連があるとされています。心房細動を発症するリスクが、通常の2倍以上になるともされるため注意が必要です。また、睡眠時無呼吸症候群は、重症になるにつれて動脈硬化が進行すると言われ、冠動脈が狭窄してしまう恐れがあります。

脳血管障害

睡眠時無呼吸症候群が重症になると、脳卒中の発症リスクが通常の3.3倍になると言われています。昼間に襲う突然の眠気や集中力低下が、脳卒中後のリハビリを一層に困難にすることから、機能回復にも影響を及ぼすことが分かっています。

糖尿病

睡眠時無呼吸症候群が重症になると、糖尿病を合併するリスクが高まります。糖尿病発症リスクが、通常の1.62倍とされています。

睡眠時無呼吸症候群の種類

気道の閉塞による閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、脳からの呼吸指令がなくなる中枢性睡眠時無呼吸症候群とに分類されます。閉塞性の場合、気道に十分なスペースがなくなって呼吸が止まります。主な原因は、首や喉周りの脂肪沈着・扁桃腺肥大・舌の付け根(舌根)・のどちんこ(口蓋垂)・軟口蓋による気道の閉塞が挙げられます。
中枢性の場合、脳からの呼吸指令がなく無呼吸になるため、気道は開いています。脳からの指令がないので、呼吸をしようともしませんが、閉塞性の場合は気道が狭いだけで、身体は一生懸命呼吸しようとしているのが特徴です。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠中の症状としては、いびきをかく・いびきが止まった後に大きな呼吸とともに再度いびきをかき始める・呼吸が止まる・何度も目が覚める・寝汗をかくなどの症状が現れます。本人は寝ている間の症状なので、自覚できないことが多く、家族や周囲に指摘されることもあります。起床時の症状は、頭痛・身体が重い・倦怠感・熟眠感がない・口が乾いているなどの症状が伴います。睡眠の質が酷く低下するため、昼間に突然強い眠気に襲われるほか、集中力が低下する・倦怠感・疲労感・頭痛・抑うつ症状・性欲低下などを引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群の検査

エプワース眠気尺度

眠気を主観的に評価するためのチェックリストです。それぞれの質問に答えた点数を合計して、11点以上でいじょうな眠気と判断します。

眠ってしまうことはない 0点
時に眠ってしまう 1点
しばしば眠ってしまう 2点
だいたいいつも眠ってしまう 3点
状況 点数
1.座って読書している時 0 1 2 3
2.テレビを見ている時 0 1 2 3
3.会議や劇場など人の大勢いる場所で座っている時 0 1 2 3
4.他の人の運転する車に休憩なしの1時間以上乗っている時 0 1 2 3
5.午後に横になって休憩をとっている時 0 1 2 3
6.座って人と話している時 0 1 2 3
7.飲酒なしで昼食後、静かに座っている時 0 1 2 3
8.自分で車を運転している時に、信号や渋滞で数分間止まっている時 0 1 2 3

簡易検査

患者様がご自宅で検査機器を使用して行う簡易検査があります。当院から貸与する検査機器で、顔と手にセンサーを付けて普段通りに就寝し、睡眠中の呼吸と酸素濃度を計測します。データを分析して診断を行います。検査結果は、無呼吸低呼吸指数(AHI)とされ、1時間あたりの無呼吸や低呼吸の平均回数が分かります。

  正常 軽症 中等度 重症 最重症
AHI 0~5 6~20 21~30 31~50 51以上

AHIが20以下の場合は、軽症~正常のため、生活習慣の改善やマウスピース治療を行います。20~40の場合は、さらに終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)などでより詳細な検査を行います。40以上の場合は、持続陽圧呼吸療法(CPAP)治療をお勧めしています。

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)

医療機関に1泊入院して行う詳細な検査です。脳波・心電図・眼球運動・いびき・口と鼻の気道・酸素濃度・呼吸運動・睡眠時の姿勢などを調べて分析します。検査結果に応じて、患者様に適した治療方法を検討します。

睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP療法

CPAP睡眠時無呼吸症候群の主な治療として行われている方法です。気道に陽圧をかけた空気を送り続けることで気道確保を行う治療方法で、欧米や日本で多く取り入れられています。専用検査機器をご自宅に導入し、機器のマスクを装着したまま就寝します。気道が狭窄したり閉塞したりして無呼吸になる閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられます。

マウスピース

下あごを上あごよりも前に出すように固定すると、気道を広く維持することができます。軽症の場合に効果が見られるものの、重症の場合はあまり効果が見られないため注意が必要です。専用のマウスピースは、睡眠時無呼吸症候群の知識と技術のある専門の歯科医に依頼します。

外科的手術

扁桃腺肥大やアデノイド肥大が原因の場合は、摘出手術による治療を行います。軟口蓋の一部を切除する方法もありますが、稀に患部が瘢痕化して睡眠時無呼吸症候群の症状が再発する場合があります。

その他の治療

肥満が原因の場合は、適正体重まで減量するように生活習慣を改善していきます。また、飲酒すると筋肉は趾間して気道を閉塞しやすい、禁酒もしくは節酒する必要があります。また、寝る時の仰向け姿勢は、気道が塞がりやすいため、なるべく横向きで眠るようにしてください。この時、抱き枕やクッションなどを使用すると楽に姿勢が安定することができます。

診察の流れ

Step1問診

自覚症状などを詳しく伺います。

Step2簡易検査

ご自宅でできる簡易検査を行い、睡眠中の呼吸と酸素濃度を分析します。データを分析した後に診断を行います。

Step3結果判定

簡易検査の結果は、1時間あたりの無呼吸と低呼吸の平均回数をAHIで表示されます。

AHI数値  
20以下 経過観察、またはCPAP療法以外の治療方法を検討します。
21~39 入院して睡眠ポリグラフ検査などで詳細に調べます。検査結果をもとに、CPAP療法を検討します。
40以上 CPAP療法の導入が適しています。

Step4CPAP療法

1ヶ月に1回の定期的な受診が必要です。CPAP療法継続のためには、この毎月1回の受診が必須となります。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ