肺炎

肺炎とは

肺炎細菌やウイルスに感染して、肺に炎症が起こる疾患を肺炎と言います。風邪に似た症状が現れますが、重症になると呼吸困難が生じて入院加療が必要になるなどの事態を招きます。一般的に、急性の感染症を言いますが、特別疾患のない健康な人が市中感染で起こす肺炎もあれば、なんらかの疾患がある人が発症する院内肺炎もあります。肺炎は、細菌性肺炎・ウイルス性肺炎・マイコプラズマ肺炎などに区別されます。それぞれ病原体が異なります。

肺炎の原因

免疫力が低下する高齢者や病気療養中の人などが感染することが多いとされます。特に、風邪やインフルエンザなどで気管にダメージが加わると、肺炎にかかりやすくなります。肺炎の病原体として、以下の3つが挙げられます。

細菌

細菌性肺炎と言われ、肺炎の中では肺炎球菌が最も多く、高齢者の誤嚥性肺炎も口内の細菌が原因とされます。

ウイルス

ウイルス性肺炎と呼ばれ、インフルエンザウイルスが一般的とされます。

その他の病原体

市中感染で多く見られるのがマイコプラズマ、鳥を介して感染するのがクラミジアなどです。

肺炎の症状

体温計主に、咳症状・痰・息苦しさ・発熱・胸痛など、風邪に似た症状が現れます。特徴としては、風邪よりも重い症状で長引くとされます。病原体の種類によって症状が異なり、咳や熱があまり現れないこともあるため、風邪との区別が非常に難しいケースもあります。肺炎は、治療せずに放置することで重症化することがあるため、注意が必要です。ゆえに、咳症状が長引いたり、高熱が3、4日続くなどの場合は、速やかに当院までご相談ください。肺炎は、風邪やその他の疾患にかかってから発症することが多いため、特に入院中の方は肺炎を起こしやすいとされます。これが院内感染と呼ばれるもので、通常では影響がない細菌によっても肺炎を起こすことがあるので十分に注意が必要です。

肺炎の検査と診断

問診・胸部の打診・聴診を行います。肺炎の種類と病原体を判別して、適切な治療薬を処方します。細菌性肺炎・マイコプラズマなどには抗生物質を処方し、ウイルス性肺炎には抗ウイルス剤を処方します。マイコプラズマ肺炎の診断には、抗原キットを用いて行います。患者様の喀痰や喉を拭った液で検査するため、口を開けることができれば高齢の方や小児でも簡単に行うことができます。

肺炎の治療方法

特に目立った症状や既往症がなければ、自宅療養が可能です。つらい肺炎の症状が治まっても、体内にはまだ細菌やウイルスが残存している場合があるため、自己判断で治療を中断しないことが重要です。細菌やウイルスが消滅する前に中断すると、再び肺炎症状が現れることがあります。この場合、薬剤へ耐性が出来てしまっているため、薬が効かなくなりさらに重症化することがあるので注意が必要です。また、ウイルス性肺炎の場合、特に高齢者では重症化する恐れがあり、治療に苦慮することもあります。

日常生活での注意点

肺炎は重症化するとなかなか治療が難しい疾患ですが、日常生活の中で予防できることがあるので、以下の点に気を付けて過ごしてください。

免疫力を高める

  • 適度な運動を行い、体力や免疫力を高めます。
  • 免疫力を高める食事を心がけ、日頃から体調を整えておきます。

誤嚥性肺炎を防ぐ

  • 食事は少量ずつ、ゆっくりとよく噛んで食べます。
  • 姿勢を正しながら食事をします。
  • しゃべりながら食べないようにします。

予防接種をしておく

特に、高齢者の場合、インフルエンザから肺炎に至ることが多いため、予防接種をすることが大切です。肺炎球菌も予防できる肺炎球菌ワクチンがあるので、対象となる65歳以上の方は事前に受けましょう。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ