肺気腫(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

COPD肺の炎症性疾患で、本来の肺の構造が破壊されて空気の出し入れがうまく出来なくなってしまう状態を肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)と言います。主に、喫煙による有害物質が原因で、肺胞の壁が破壊されて発症します。長期間の喫煙歴がある方に発症することが多いとされます。

症状

主な症状は、息切れ・慢性の咳・痰の症状が現れます。肺で正常な呼吸が出来なくなり、呼吸困難を生じます。散歩など、少し歩いただけでも息切れを感じるようになります。息を吐くのが難しくなるため、口を小さくすぼめて少しでも息を楽に吐くような動作をとります。また、肩呼吸や喘鳴・陥没呼吸などの症状が現れます。

原因

主な原因は、たばこの煙に含まれる有害物質とされます。肺に炎症を起こすため、受動喫煙にも注意が必要です。次第に、肺胞や気管支が破壊されて、肺機能が低下することで呼吸困難の症状が現れます。また、一度破壊された肺胞は、元の状態に戻ることができません。

主な合併症

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の人は、以下のような疾患を合併する確立が非常に高いとされています。

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • うつ病
  • 癌 など

検査

喫煙歴や呼吸機能検査を行い、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断を行います。

スパイログラム

専用の測定器の先端を口に咥えて、息を大きく吸って一気に吐き出した量全体に対して、最初の1秒の量の割合(1秒率)を指標にして検査を行います。また、喘息とCOPDが合併することがあるとされています。

治療

禁煙

禁煙が治療の基本となります。原因となるたばこの影響を取り除いていきます。

薬物治療

気管支を広げて、肺の炎症を抑制するために薬物治療を行います。呼吸機能を上げて、呼吸困難を解消していきます。COPDの方は、ウイルスや細菌感染から呼吸困難が重症化することがあるため、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンなどを接種して、感染症を予防することが大切です。

全身管理

筋トレ全身に炎症が起こると、呼吸筋をはじめ下肢筋肉など、全身の筋肉が衰えます。全身の衰えを予防するために、栄養補給と適切な筋力トレーニングや適切なリハビリを行う必要があります。生活の質を維持し続けるためにも、全身管理は重要です。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ