咳喘息

喘息とは

喘息アレルゲンをはじめとする様々な要因によって、気道に炎症を起こし呼吸が苦しくなる状態を喘息と言います。気管支が狭くなることで、ヒューヒュー・ゼーゼーなどの喘鳴が現れるのが大きな特徴で、これが喘息発作です。
喘息には、アレルギーが原因の場合と、その他の原因によって発症する場合があります。アレルギーの場合は、主にダニやほこりなどのハウスダスト・カビなどがアレルゲンとなります。それ以外の場合は、風邪やインフルエンザ感染症などで気道が感染したり、薬、過度なストレス・たばこの煙などが誘発することがあります。

気管支喘息とは

気管支が狭くなって、喘息発作を繰り返す状態を気管支喘息といいます。喘息外来では、気管支喘息をはじめとする喘息の症状を診療します。気管支喘息を発症している時は、非常に気道が過敏になっていて、ウイルスやアレルゲン・冷気・たばこの煙などが刺激になって気道が狭くなることで、咳き込んだり息苦しくなったりします。
気管支喘息の疑いがある場合は、呼気NO測定器を用いた検査を実施し、診断を行います。呼気に含まれる一酸化窒素濃度を図り、喘息疾患の有無を判定します。治療は、アレルゲンを避ける環境を整い、喘息治療薬を用 いて治療します。治療薬は、発作予防コントローラーと発作症状を抑えるリリーバーの2種類を用います。

以下の症状が見られたらご相談ください

  • ヒューヒュー・ゼーゼーと喘鳴が起き、息苦しくなる
  • 咳が長時間続く
  • ほこりなど特定のアレルゲンを吸い込むと息苦しくなる
  • 夜中や明け方に酷い咳き込みや呼吸困難が生じて目が覚める

喘息発作予防法

喘息と診断された場合は、日常生活の中でこれ以上喘息症状が悪化しないように工夫していきましょう。

室内を清潔に保つ

室内のダニやほこり、ペットの毛やフケ・花粉・カビなどがアレルゲンとなり、喘息を引き起こします。可能な限り、室内の掃除をして清潔を保ちましょう。

外出時はマスクを装着

喘息の症状がある時は、些細な刺激も咳き込み、息苦しさを起こします。外出する際は、マスクを装着し、気管支の刺激を避けましょう。冷たい空気も刺激となって喘息症状に繋がるため注意が必要です。

ストレスを溜めない

過度のストレスは、喘息症状を悪化させてしまいます。ストレスを溜めないよう、上手に発散すること、リラックスすることでストレスを緩和しましょう。

適度な運動

ウォーキング運動すると喘息症状が出ることがありますが、運動不足も体調に悪影響を及ぼします。適度に身体を動かすことで、リフレッシュ効果とともに心身のコンディションが整うのでお勧めです。

発作で苦しい時は状態を起こして

就寝中に呼吸困難になるなど、息苦しくなった時は、状態を起こすと呼吸が楽になります。座椅子やクッションを利用して、楽な姿勢を保ちましょう。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ