呼吸器内科

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 発熱が続いている
  • 痰の絡んだ咳が出る
  • 空咳が続いている
  • 胸が痛い
  • 息苦しさを感じる
  • いびきが気になる
  • 日中に強い眠気を感じる 等

上記に該当する方は、何らかの呼吸器疾患を患っている可能性があるため、呼吸器内科の受診をおすすめ致します。当院は呼吸器内科の診療も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

呼吸器内科とは

呼吸器内科主に呼吸器を専門的に診療しております。鼻・喉(咽頭・喉頭)・気管支・気管・肺など呼吸に関する症状や疾患を扱っております。一般的な風邪症状・喘息・扁桃炎・咽頭炎・肺炎・肺気胸・気管支炎・気管支喘息・マイコプラズマ感染症・肺結核・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支拡張症など、急性疾患及び慢性疾患などを診療しております。また、インフルエンザ感染症・睡眠時無呼吸症候群など幅広い症状や疾患の治療を行います。呼吸器系の初期症状はいずれも風邪と同じような症状ですが、喘息や肺炎のほか重篤な疾患が潜んでいる恐れがあるため、気になる咳や痰などの症状がある場合は、早めに呼吸器内科を受診してください。

主な呼吸器症状とは

典型的な症状として挙げられるのは、咳・痰・息切れ・呼吸困難・息苦しさ・胸痛・ゼイゼイ・ヒューヒューと鳴る呼吸・チアノーゼ・発熱などです。これらの症状は、呼吸器症状として現れますが、場合によっては呼吸器以外の疾患が原因で現れることもあります。稀に重篤な疾患が潜んでいることもあるため、注意が必要です。また、重症化すると命に関わる場合があるため、気になる症状がある場合は、速やかに当院までご相談ください。

咳の症状で気を付けなければいけないのは、咳が長引く時、決まった季節・時間に咳が出る・同じ場所で咳が出る場合や、痰が絡むなどの場合です。これらの症状は、呼吸器疾患の恐れがあるため注意が必要です。また、食事の最中にむせたり、咳き込んだりする場合は、誤嚥の可能性があります。誤嚥は、気管に飲食物が入ってしまう症状で、高齢の方などは加齢のため、飲み込む機能が低下することが原因となるので、気を付ける必要があります。また、誤嚥によって肺炎を発症しやすいことがあるためご注意ください。

痰の症状は、咳と同様に日常的にも現れる症状ですが、血液が混じっている場合や、痰の色が黄色や緑色、茶色の場合は、なるべく早めに医療機関を受診してください。さらに、痰の量や回数が増えた場合は、呼吸器疾患が疑われるため、速やかに受診しましょう。

息切れ・呼吸困難

健康な方でも、激しい運動をした後は息切れを起こすように、運動などで酸素消費量が増えて起こる息切れは、ごく自然な生理現象です。このように、体内の酸素が足りなくなると、息切れや息苦しさの症状が現れます。通常とは異なり、これまで何でもなかった運動が、息苦しくてできなくなったり、階段や坂道が息苦しいと感じる場合は、早めに呼吸器内科を受診することをお勧めします。また、息苦しくて安静にしていてもまだ苦しさを感じる場合も速やかに受診ください。このように、気になる症状がある場合は、当院までお気軽にご相談ください。

胸痛

胸痛胸部の痛みは、幅広い疾患に共通している症状です。緊急性が高い症状としては、心筋梗塞や狭心症などの心疾患の可能性が考えられます。早急な処置が必要な場合は、呼吸器疾患や心臓疾患の検査を行います。当院では、速やかに問診を行い、心疾患の可能性が考えられる場合は連携する専門の高度医療機関を紹介しております。なるべく早急に、検査・処置・治療を行えるよう手配します。また、緊急性が低いと判断された場合は、問診を行った後に呼吸器科の検査を行います。

喘鳴(ぜんめい)

気管や気管支が狭くなって、ゼイゼイ・ヒューヒューといった笛のような呼吸音が続く状態を喘鳴といいます。これは、何らかの原因で気管や気管支が狭くなり、気管支喘息発作として起こるほか、異物の誤飲によって喘鳴を起こす場合もあります。喘息の治療中の方は発作時の薬剤を服用し、喘息と診断されていない場合は医療機関を受診してください。

発熱

発熱からの経過・体温・呼吸器症状・その他の症状などを確認し、問診及び検査を行います。発熱があり受診を希望される方は、当院までお電話でご相談ください。新型コロナウイルス感染症の感染を予防するために、現在発熱外来時間の予約にて診療しております。

いびき・昼間の眠気

睡眠中に、無呼吸状態と大きないびきを繰り返して起こる場合、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。睡眠中に上気道が狭くなることが原因とされ、家族などにいびきを指摘された場合や、昼間強い眠気に襲われる場合は、睡眠時無呼吸症候群が考えられます。無呼吸状態とは、10秒以上呼吸が止まっている状態で、睡眠中に無呼吸や低呼吸状態になると、睡眠が浅く、睡眠不足となってしまいます。
日中に強い眠気に襲われることで、交通事故などを起こしやすく、そのまま放置してしまうと命の危険にまで及ぶことがあります。また、睡眠中の体内酸素が不足になることで、全身のあらゆる疾患に影響を及ぼし、脳卒中や心筋梗塞など合併症を起こす恐れがあります。この場合、早期発見と診断・早期治療が不可欠となります。気になる症状がある場合は、早めに当院までご相談ください。

呼吸器科が対象となる代表的な疾患

呼吸器科が対象となる代表的な疾患は、以下の通りです。

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎・扁桃炎
  • 気管支炎
  • 気管支拡張症
  • 気管支喘息
  • 肺炎
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 肺気胸
  • 肺結核など

風邪

風邪さまざまなウイルスが原因となり、鼻や喉・気管の入口などの上気道が炎症を起こしている状態です。主な症状は、喉の痛み・鼻水・鼻づまり・咳・痰・頭痛・発熱・くしゃみなどが現れます。また、嘔吐や腹痛・下痢などの消化器症状が現れることがあります。一般的な風邪であれば、数日から1週間ほどで回復しますが、ウイルス感染のため抗菌剤は効果が見られません。治療は、つらい風邪症状を軽減させる対症療法ですが、細菌の二次感染が疑われる場合は、抗菌剤を治療に用いることがあります。

気管支炎

気管支炎は、上気道炎の症状から次第に広がって気管支炎に及ぶことがあります。気管は左右の主気管支に分かれて、さらに細く枝分かれしていますが、症状が悪化すると肺炎に至る場合があります。そのほかの症状としては、発熱・全身の倦怠感・咳・痰・食欲不振などが現れます。治療方法は、細菌感染が原因の場合は抗菌剤を、インフルエンザによる場合は抗ウイルス剤を用いて治療を行います。

肺炎

細菌やウイルス感染が原因で起こります。特に、免疫力が低い高齢者や慢性疾患のある方は、重症化しやすい傾向にあります。また、小さい子どもや若年者はマイコプラズマ感染症が原因で肺炎を起こすことが多いとされます。主な症状は、激しい咳と痰・発熱・息苦しさ・胸痛・呼吸困難などが現れます。稀に、血中酸素の濃度が下がっても息苦しさを感じないケースがあるため、重症化を防ぐためにも咳や高熱がある場合は、早めに当院までご相談ください。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスによって起こる急性ウイルス性疾患のことです。主な症状は、急な発熱・悪寒・喉の痛みなどの上気道の症状が現れます。そのほか、咳・痰・呼吸困難などの呼吸器症状・腹痛・下痢などの消化器症状が現れます。一般的に、38℃以上の高熱が3~4日ほど続いた後に解熱していきます。感染してしまったら、周囲への感染を防ぐために安静にすることが重要です。また、重症化を防ぐためにワクチン接種が有効とされています。主な治療方法は、つらい症状に対して対症療法を行います。なお、感染してまだ間もない初期であれば、抗ウイルス薬を用いてこれ以上ウイルスが増殖しないように治療することができます。

咽頭炎

喉の痛み・違和感・飲み込んだ際の痛みなどが主な症状です。そのほか、発熱や倦怠感・頭痛・リンパ節の腫れ・腹痛・吐き気などの症状が現れることがあります。咽頭は、喉や口の奥にあるため、口や鼻腔からの外気が影響し、細菌やウイルス感染を起こしやすいのが原因です。それ以外にも、喫煙や声の酷使・粉塵・有害ガスなどの影響も受けやすいとされています。咽頭炎が重症化すると、気道が狭くなって呼吸困難を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。咽頭炎の治療は、風邪と同様に対症療法を行いますが、急性喉頭蓋炎や気道狭窄が見られる場合は、点滴治療などを実施します。

扁桃炎

喉入口周辺に存在する扁桃には、咽頭扁桃・口蓋扁桃・耳管扁桃・舌扁桃の4つあり、体内に病原体が侵入しないような働きやリンパ球を生成する働きがあります。扁桃が細菌やウイルスに感染することで、扁桃炎を引き起こします。急性の炎症が起こった状態で、激しい喉の痛みのほか、高熱・悪寒・頭痛・倦怠感・関節痛などの症状が現れます。ウイルスが原因の扁桃炎には対症療法を行い、細菌が原因の扁桃炎には抗菌剤を用いた治療を行います。喉の痛みなどの症状を緩和するためにも、うがいをお勧めしています。

当院の外来診療の特徴

アクセス良好!名古屋駅徒歩6分!

当院はJR名古屋駅「太閤通口(南口)」から徒歩6分の場所に位置しています。
「中村区役所前」、「ささしまライブ駅」からも徒歩圏内であるため、電車にて快適に通院頂くことが可能です。

24時間WEB予約受付中!

当院では24時間WEBからの予約に対応しているため、HPから簡単に予約を取得することが可能です。院内での待ち時間を短縮し快適に診察を受けたい方は、ぜひ当院のWEB予約システムからお時間を指定してご来院下さい。

事前WEB問診対応!

当院では、忙しい患者様が隙間時間を有効活用できるよう、WEB問診システムを導入しております。
自宅で問診を回答いただくことにより、院内に滞在する時間を短縮することが可能です。また、事前に問診をお答え頂くことで、診察もスムーズにご案内することができます。
当院での受診をお考えの方は、WEB予約を取得後にお持ちのスマホ、PCにてぜひWEB問診にもご回答下さい。

最新機器完備!

当院では患者様に高品質な医療をお届けできるよう、最新の医療機器を完備しております。「質の高い治療や検査を受けたい」とお考えの方は、ぜひ当院をご利用ください。

呼吸器内科の受診をご検討されている方へ

当院では24時間WEBからの予約を受け付けております。
また、私たちは患者様の安全・安心を第一に考えて日々の診療を行っております。
些細なことであっても不安に感じる症状がある方は、せひお気軽にご相談下さい。
  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ