花粉症

花粉症とは

鼻をかむ女性アレルゲンとなる花粉が原因でアレルギー性鼻炎の症状が現れる状態を花粉症と言います。主に、鼻水・鼻づまり・涙・目の痒み・異物感・充血などの症状が見られます。病状が酷くなると、喉や皮膚の痒み・咳・頭痛・不眠・イライラ・倦怠感などの苦痛が伴います。アレルゲンとなる花粉には、ヒノキ・スギ・イネ・ブタクサ・シラカンバ・カモガヤ・ヨモギなどがあります。このように、花粉症は花粉の飛散時期に集中して症状が現れる、季節性アレルギー性鼻炎と言います。

花粉症の予約は内科で受付中です

24時間WEB予約受付中です 24時間WEB予約受付中です。

※発熱、咳、鼻水、のどの痛みなどの感冒症状がある方はお電話にてお問い合わせください。

※お電話での健診のご予約・お問い合わせは、月・火・木・金の14:30~18:30にて承っております。
水・土は外来の混雑状況により、折り返しのご連絡とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

花粉症の検査と診断

花粉症の原因は、植物の花粉ですが、場合によっては複数の植物の花粉アレルギーをもっていることがあります。そのほか、春の花粉の飛散時期以外にも秋など他の季節の花粉にもアレルギー反応が現れることがあります。花粉症の検査と診断は、血液検査を行い各種アレルゲンを特定していきます。

血液検査

採血血清総IgE定量検査では、血液中のIgE総量を調べることができます。また、血清特異的IgE抗体検査は、花粉に反応する特定のIgEを調べることが可能です。保険適応のViewアレルギー39検査では、スギやヒノキ・ブタクサ・カモガヤなどの花粉アレルギーのほか、ダニやほこりなどのハウスダスト・犬猫・食品・カビなど主要アレルゲンを特定することもできます。

花粉飛散時期の前に受診ください

花粉症の治療は、なるべく花粉飛散時期の前に当院までご相談ください。飛散時期の2週間前ぐらいが治療スタートに適していて、比較的軽く飛散時期を乗り越えることができます。ただし、状況によって早期治療できない場合でも、即効性のある治療を提案しております。治療開始のタイミングを見て、早めにご来院ください。

花粉症と風邪の見分け方

  花粉症 風邪
症状が出る期間 飛散時期は症状が続く 1日~数日で症状が治まる
鼻水 サラサラと水のようで透明色 粘度があり白色や黄色
発熱 発熱はない、あっても微熱程度 高熱が出る場合がある
咳や痰 症状がある場合がある 症状が出ることが多い
頭痛 軽い頭痛が伴う場合がある 強い頭痛が伴う場合がある
違和感がある程度 強い痛みと腫れが伴う

花粉症と風邪は、症状が非常に似ていて見分けが難しいのが特徴です。花粉症は、サラサラと水のような鼻水がダラダラと出続けることが多い点が、大きな特徴の違いです。初期症状は、見分けるのが難しいため、気になる症状やつらい症状がある場合は、当院までご気軽にご相談ください。

治療について

花粉症の治療は、花粉が飛散する時期の前から治療を行うのが一般的です。飛散する2週間前ぐらいから、抗アレルギー薬を服用していきます。抗アレルギー薬を服用することで、ヒスタミンの放出が抑制され、症状の発症を遅らせることができます。たとえ、花粉症の症状が現れても、軽度で済むという効果が期待できます。また、スギ花粉対策には、飛散の1カ月前ぐらいから服用開始します。
さらに、つらい鼻づまりの症状が強い場合は点鼻薬を用いて、目の痒みが酷い場合は点眼薬を併用することがあります。抗アレルギー薬の副作用として、眠気があるのが特徴です。副作用がつらい場合は、比較的眠気の出ない抗アレルギー薬や漢方薬治療への変更もできます。

重症のスギ花粉症に
「ゾレア」のご紹介

重いスギ花粉症でお悩みの方に、当院では「ゾレア」注射に対応しています。ゾレアは2020年から重症・最重症スギ花粉症の方への保険使用が認められるようになりました。

ゾレアによる治療を受けるには、以下の条件を満たしている必要があります。
一度当院までご相談ください。

  • 重症または最重症の季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)で前スギ花粉シーズンでも重症な症状があった。
  • スギ花粉のアレルギー検査(血液検査)の結果が陽性だった。
  • 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の既存治療を1週間以上行い、効果不十分であった。
  • 12歳以上で、血清中総IgE濃度が30〜1,500IU/mL、体重が20〜150kgの範囲にある。

ゾレアによる治療にかかる費用は、患者さんの体重や血液検査の数値により異なります。また、スギ花粉のアレルギー検査や内服など既存治療の効果をみる必要があるため、初回投与まで3~4回来院していただく必要があります。結果次第ではご希望に添えない場合がありますので、予めご承知ください。

花粉症の予防対策

花粉症の予防対策で重要なのは、花粉を可能な限り避けることです。外出時のマスクや眼鏡・帽子の装用はもちろん、帰宅時には服に付着した花粉を振り落としてから家に入ること、手洗い・うがいの徹底などを行います。また、洗濯物や布団は外に干さず、掃除機で花粉やほこりを吸い取り、室内の掃除を徹底して行います。空気清浄機を利用するのもお勧めです。
花粉症は、一度発症すると毎年症状が出るようになってしまいます。花粉との接触を避ける対策とともに、飛散時期前の早期治療を行うことが大切です。
さらに、栄養バランスのとれた食事習慣や十分な睡眠、ストレスを溜めないなど生活習慣の改善をしながら、予防対策をとってください。

花粉症の予約は内科で受付中です

24時間WEB予約受付中です 24時間WEB予約受付中です。

※発熱、咳、鼻水、のどの痛みなどの感冒症状がある方はお電話にてお問い合わせください。

※お電話での健診のご予約・お問い合わせは、月・火・木・金の14:30~18:30にて承っております。
水・土は外来の混雑状況により、折り返しのご連絡とさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ