脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症について

脂質異常値血中のコレステロール値や中性脂肪値などの脂肪分が多過ぎる、或いは少な過ぎる状態を脂質異常症と言います。血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が基準値よりも過剰な状態でも、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準値よりも低い状態でも動脈硬化を引き起こしやすいため、どちらも脂質異常症とされます。

原因

動物性脂肪の過剰摂取・過食・野菜や果物不足・過度の飲酒・運動不足が原因とされています。

脂質異常症と動脈硬化

脂質異常症は、動脈硬化を進行させるほか、血管内にプラークが沈着して狭窄を招きます。また、プラークが破裂すると血栓ができ、血管が閉塞し、心筋梗塞・狭心症・脳卒中などの重篤な疾患を引き起こす恐れがあります。ゆえに、脂質コントロールは、日頃より非常に重要とされています。

症状

脂質異常症は、自覚症状がほとんどないまま病状が進行してしまうため、健康診断などで脂質異常を指摘されたら、速やかに当院までご相談ください。この場合、脂質コントロールをしっかりと行い、定期的に検査を受けることが重要です。

治療方法

脂質コントロールを行うために、食事習慣や運動習慣の改善を行っていきます。脂質異常症は、自覚症状がほとんどないため、定期的に検査を受けるほか、健康診断などで異常を指摘されたら、早めに医療機関を受診してください。脂質の状態を正常にコントロールすることが重要です。ただ、数値が改善されても自覚症状では実感しにくいので、定期的に検査を受けて数値の改善を確認していくのが大切です。

食事療法

ウォーキング肥満の方は、適正体重に戻してキープするためにカロリー制限をしていきます。過剰な脂質、不足している脂質の種類によって、食事制限が必要なものが異なります。例えば、LDLコレステロールが高い場合は、野菜や海藻類を積極的に摂る必要があり、トリグリセライド(中性脂肪)が過剰な場合は、禁酒または節酒が必要です。

運動療法

肥満を防ぐためにも、有酸素運動が有効です。1日30分間の運動を週3回以上行います。適度な運動を継続することで、脂質異常症を改善させ、そのほかの生活習慣病の発症・進行を防ぎます。

薬物療法

脂質異常の状態やほかの疾患の有無などに応じて、適切な処方をしています。体質や脂質の過剰・不足、ライフスタイルなどで心配なことがありましたら、当院までお気軽にご相談ください。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ