高血圧症

血圧とは

血圧計心臓から流れる血液が、血管を押す圧力を血圧といいます。心臓が血液を押し出す力と血液の流れにくさによって血圧値が決まります。心臓が縮んで、勢いよく血液が流れて血圧が最も高くなった時の血圧値を最高血圧(上の血圧)と言い、心臓が拡がって緩やかな血流になることで血圧が最も低くなった時の血圧値を最低血圧(下の血圧)と言います。このように、収縮期血圧と拡張期血圧を計測することで、2つの数値が表示されます。

高血圧とは

収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上、どちらか一方でもこの数値を超えたら高血圧とされます。高血圧は、血圧が高い状態が継続するため、血管に大きな負荷がかかって、動脈硬化が進行する恐れがあります。さらに、動脈硬化は高血圧を悪化させやすく、さらに病状が進行すると心筋梗塞や脳卒中など重篤な疾患を招く恐れがあります。いずれも自覚症状が乏しいため、適切なコントロールと治療を行うことが重要です。

診療室血圧と家庭血圧

診療室で計測する血圧と、自宅で計測する血圧の数値は異なることが多く、どちらの数値を基準にすれば良いのか分からない場合のために、判断となる基準値が2種類あります。このように、測定する環境によって血圧値が異なるため、診療室血圧と家庭血圧とに分類されます。一般的に、診療室で計測した場合は高めの数値が出やすく、家庭で計測すると低めに出やすい傾向にあります。病院では緊張してしまって高めに出ることがあるので、家庭血圧は特に脳卒中や心筋梗塞の発症リスクをより正確に予測できます。高血圧の方は、普段からご自宅でこまめに血圧を計測して記録することが大切です。
そのほか、特殊な装置を用いて血圧の変化をチェックする24時間血圧があります。

高血圧治療ガイドライン2019について

最新の高血圧治療ガイドライン2019において、診断では診療室血圧値ではなく、家庭血圧を重要視するとされています。また、75歳未満の成人の目標血圧値は、130/80mgHg未満、75歳以上では140/90mmHg未満とされています。
さらに、糖尿病・脳血管障害の方は、130/80mmHG未満、慢性腎臓疾患(尿蛋白陰性)の方は、140/90mmHg未満など、目標血圧数値は年齢や既往疾患などで異なります。
特に、家庭血圧の重要性を提示し、75歳未満の成人の家庭血圧の目標数値を125/75mmHg未満、75歳以上では135/85mmHg未満としています。

原因

高血圧の原因は、生活習慣の乱れ・過度なストレス・遺伝的要因などが複合的に組み合わさって発症します。そのほか、他の病気やその治療薬などが原因となる場合があります。高血圧の発症や進行を防ぐためには、生活習慣の改善のほか、原因となる病気の治療や薬剤の変更を行うことで改善が図られます。
生活習慣は、主に塩分の過剰摂取や過食などの食生活の乱れ・飲酒・喫煙・運動不足・肥満などが挙げられます。高血圧のある方は、脂質異常症や糖尿病を合併しやすく、さらに肥満によって動脈硬化を進行させてしまいます。高血圧をはじめとする生活習慣病は、自覚症状がほとんどなく病状が進行してしまうため、定期的な健康診断を受けることが非常に大切です。また、健診などで血圧の異常を指摘された場合は、速やかに当院までご相談ください。

治療方法

減塩などの食習慣の改善と運動習慣の改善・体重コントロール・禁酒・禁煙など、これまでの生活習慣の改善を中心に行います。必要に応じて、薬物療法を実施します。高血圧の治療は、血圧を正常値に維持するための適切なコントロールを継続して行うことが重要です。長く続けることが大切なため、厳しい制限を設けて無理に行っても意味がありません。ストレスや負担が少ない改善を始めることが大切です。なお、病状の進行具合によって厳格な血圧コントロールが必要な場合があるため、心配な方はお気軽に当院までご相談ください。ご自身に適した改善方法を医師と一緒に見つけていきます。

生活習慣の改善

塩分制限

1日の塩分摂取量目安は、6g未満です。日本人の食事は、塩分摂取量が多いため、塩分制限を行うことで降圧効果が得やすいとされています。減塩のポイントは、出汁や旨味、香りの良い薬味やスパイスを活用すると、塩分控えめでも美味しく食事をすることができます。減塩に慣れると、次第に素材の味わいが美味しく感じられます。
また、素材自体にすでに3gほどの塩分が含まれています。したがって、調味料4g程度で目標の塩分摂取量になってしまいます。特に、市販の加工食品やレトルト食品は、それだけで塩分が過剰に使われているので注意が必要です。なるべく加工食品は控えて素材の味を楽しむようにしましょう。

肥満の解消や予防

標準体重よりも重い肥満や、軽い低体重のどちらも高血圧を発症する可能性が高いとされています。標準や肥満・低体重は、BMI(体格指数)で判断していきます。体重コントロールをするためにも、まずはご自身の標準体重を把握することが不可欠です。

BMI(体格指数)=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}
標準体重 BMI22
肥満症  BMI25以上
低体重  BMI18.5以下

標準体重を目標に体重コントロールをしていきます。肥満症は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病・慢性疾患を発症するリスクが高くなってしまいます。この場合、体重を落として慢性疾患の発症予防や進行を防ぐ必要があります。急激な減量は、体調を崩すだけではなく、リバウンドしやすいため、ゆっくり減量していくことが大事です。

節酒

禁酒或いは節酒を行います。日本酒でしたら1日に1合、ビール500ccまでが適量とされています。日本酒またはビールどちらかの飲酒量ですし、前日に飲まなかったから今日は倍の量を飲めるということではありません。

運動

適度な有酸素運動を1日30分程度、週に3回ほど行うことをお勧めしています。運動を継続することで、高血圧だけではなく、その他の生活習慣病の発症を予防できます。運動の内容は人によってそれぞれ異なるため、必ず医師と相談した上で適切な運動を行ってください。

禁煙

喫煙を継続したままでは、カロリーコントロールや減塩・運動などの生活習慣を改善していても、十分な効果が期待できません。また、喫煙すると血管が収縮してしまうため、禁煙しなければなりません。禁煙によって、生活習慣病だけではなく、慢性的な呼吸器疾患の発症や進行を防ぐことができます。

薬物療法

降圧剤は種類が多く、同じような薬剤でも効果の現れ方や副作用などが異なる場合があります。薬剤の処方に際しては、患者様の年齢や体重、血圧値、性別、他の疾患の有無、体質、服用のしやすさ、ライフスタイル、好みなどに応じて丁寧に処方しております。それと同時に、処方薬における特徴や副作用、メリット、デメリットなども的確にお伝えしていますので、ご安心ください。気になることや心配なことがありましたら、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

利尿剤

排尿量を増やして、血液量を減らし、血圧を下げます。

血管拡張薬

血管を拡張して血圧を下げます。

神経遮断薬

心臓や血管への刺激を抑えて血管の緊張を防ぎ、血圧を下げます。

レニン・アンギオテンシン系薬

ホルモン作用をコントロールして、循環血液量を整えて血圧を下げます。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ