生活習慣病外来

生活習慣病とは

生活習慣病食生活の乱れ・偏食・過食・お酒やタバコなど嗜好品の過剰摂取・運動不足といった生活習慣の不摂生が原因となり、病気の発症や進行に関わる病気を生活習慣病と言います。具体的には、高血圧・糖尿病・高脂血症(脂質異常症)・痛風(高尿酸血症)・脳卒中・心臓病などを引き起こします。これらの生活習慣病は、生活習慣を見直すことで予防や改善ができるとされています。

生活習慣改善の早めの対策を

運動生活習慣病は、早めに対策をとることが大切です。生活習慣病は、1つひとつは軽度であっても、疾患がいくつも重なることで相乗的に病状が酷くなり、重篤な疾患へと進行してしまう恐れがあります。たとえ、目立った自覚症状がなくても、早めに生活習慣を改善することで、深刻な状況を避けることができます。基本的な対策としては、食生活の改善・運動習慣の定着が重要です。治療方法も、いずれの病気であっても食事療法・運動療法が中心となり、必要に応じて薬物療法を行います。

このような症状は受診をお勧めします

  • 健康診断などで数値の異常を指摘された
  • 食生活が乱れている
  • 過度のストレスがかかっている
  • 喫煙をしている
  • 睡眠時間が少ない
  • 運動不足
  • 車を使うことが多い
  • 40歳以上である
  • 20歳の頃より体重が10kg以上増えた
  • 清涼飲料水を好んで飲んでいる
  • 飲酒が好き

以下のような食生活をしている方は注意が必要です

  • 朝食を食べないことが多い
  • 食事時間が不規則
  • 夜遅く食べてしまう
  • 食べるペースが速い
  • ジャンクフードやインスタント食品が好き
  • 脂っこい料理をよく食べる
  • 味付けが濃い方が好き
  • 間食が多い
  • 満腹になるまで食べてしまう など

代表的な生活習慣病

高血圧

健康診断などで血圧の数値に指摘を受けた方や、数値が気になる場合は、一度当院までご相談ください。高血圧は自覚症状がないため、なかなか気付くことができません。普段から、血圧測定を定期的に行うことが大切です。

糖尿病

血中のブドウ糖が長期に渡り多くなって、血糖値が上昇した状態が糖尿病です。血糖値を下げる働きをするインスリン不足によって引き起こります。

痛風(高尿酸血症)

血中の尿酸値が高くなり過ぎている状態を、高尿酸血症と言います。治療方法は、主に食事療法を行い、病状によっては薬物療法を行います。気になる症状がある場合は、お気軽に当院までご相談ください。

高脂血症(脂質異常症)

血中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が多過ぎる、または少な過ぎる状態を脂質異常症と言います。自覚症状がほとんど現れないため、健康診断などで異常を指摘された場合は、早めに当院までご相談ください。

メタボリックシンドローム

内臓の周りに脂肪が溜まることで、お腹がぽっこりと出ている内臓脂肪型肥満の方は、いくつかの生活習慣病が重なりやすいとされています。血圧・血糖・脂質の異常を起こしやすく、高血圧・糖尿病・脂質異常症などを発症しやすいことが分かっています。
肥満に加えて、血圧地・血糖値・血中脂質値のうち、2つ以上が基準値を超えている場合をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と言います。メタボリックシンドロームの場合、血圧・血糖・脂質値に異常が見られなくても、動脈硬化が進みやすく、脳血管障害や心筋梗塞など、命に関わる心血管事故を起こすリスクが非常に高いため、注意が必要です。

メタボリックシンドロームの診断基準

必須項目
  • 内臓脂肪型肥満:ウエスト周囲径

男性:≧85cm 女性≧90cm

選択項目(下記3項目のうち2項目以上に該当した場合)
  • 空腹時高血糖:≧110mg/dl
  • 高トリグリセライド血症:≧150mg/dl かつ/または 低HDLコレステロール血症:<40mg/dl
  • 収縮期(最大)血圧:≧130mmHg かつ/または 拡張期(最小)血圧:≧85mmHg
  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ