膀胱炎

膀胱炎とは

トイレに行きたい男性膀胱は、尿を溜めておく袋状の器官です。尿が一定量溜まると収縮を起こして体外に排出する働きがあります。膀胱炎は、この膀胱内に炎症が起きている状態を言います。主に、膀胱内で細菌感染することで発症します。このように、炎症によって膀胱が機能しなくなり、排尿時の痛みや頻尿・残尿感などの排尿障害が起こります。一般的に、男性よりも女性に発症することが多い一方で、女性は病状を人に相談しにくいことから、医療機関の受診が遅れてしまう傾向にあります。膀胱炎は、ほとんどのケースが薬物療法だけで完治が可能です。ほんの些細な排尿障害や気になる症状がある場合は、ためらわずにお気軽に当院までご相談ください。

膀胱炎の症状

膀胱炎は、以下のような症状が現れます。

  • 排尿時に痛みがある
  • 排尿の回数が異常に増える
  • 尿に血が混ざっていたり、白濁していたりする
  • 排尿し終わったのにまだ尿が残っている感じがする
  • 下腹部に鈍痛がある

膀胱炎は、膀胱機能に異常が生じて炎症が起きます。治療をせずに放置してしまうと、病状が悪化して、腎盂に炎症が起きて38℃を超える高熱が出る腎盂腎炎などの合併症を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

膀胱炎の原因

ほとんどのケースが、尿道口から侵入した細菌によって膀胱内壁を覆う感粘膜が感染して膀胱炎を発症します。男性よりも女性に多いのは、この感染経路と女性の身体の構造が関与しているとされています。女性には、細菌が常在する膣と肛門が尿道口に近いため、細菌が侵入しやすく、さらに尿道が短いことで細菌が膀胱に届きやすいことが原因です。また、日常生活の中で尿意を我慢することが多かったり、生理や性行為にて膣から細菌が侵入しやすかったりすることが影響しています。さらに、無理なダイエットをする機会が多く、妊娠や出産などで免疫力が低下する機会が多く、これらの原因によって女性の膀胱炎が多く見られます。以上の条件に気を付けながら、膀胱炎の予防を行うことが非常に重要です。

膀胱炎の種類

一般的に女性に多く見られる膀胱炎は、急性膀胱炎です。その他にも症状や原因によって、慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・出血性膀胱炎があります。具体的には、以下のような症状が現れます。

急性膀胱炎

膀胱炎のうち大半を占めるのが、急性膀胱炎です。細菌が尿道から膀胱内に感染して発症します。細菌のほとんどが腸内にも常在する大腸菌ですが、大腸菌が尿道口から侵入しやすい身体の構造である女性に多く見られるのが急性膀胱炎の特徴です。主な症状は、排尿時の痛み・頻尿・残尿感・血尿・尿の白濁・下腹部の痛みが現れます。膀胱炎は、治療を行わずに放置してしまうと、腎盂腎炎などの合併症を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。急性膀胱炎は、比較的完治しやすいとされるので、早めの受診をお勧めしています。

慢性膀胱炎

症状が長期にわたり続く、慢性化した膀胱炎です。症状が慢性化するのは2通りあります。1つは、急性膀胱炎の治療を中断するなど、適切な治療ができないことから急性膀胱炎の再発を繰り返し慢性化してしまうパターンと、元々の基礎疾患があるところに膀胱が細菌感染を起こすことで、基礎疾患を治療しているうちに慢性化するパターンがあります。いずれも、軽度の症状であることが多く、自覚症状がほとんどない場合もあります。

間質性膀胱炎

原因が特定されていない膀胱炎です。ただし、細菌やウイルス感染とは関係ないため、尿検査を行っても異常が見られることはありません。急性膀胱炎の症状に似ていますが、下腹部の痛みが典型的な症状の1つです。これは、膀胱に尿が溜まった状態の時に生じますが、排尿することで痛みは和らぎます。そのほか、過度のストレスがある時や、刺激物など特定の食べ物を摂取すると痛みが生じることがあります。女性に多く見られる傾向があります。

出血性膀胱炎

肉眼ではっきりと見て分かる血尿を伴う膀胱炎です。子どもに多く見られる膀胱炎で、細菌ではなくウイルス感染が原因とされます。そのほか、放射線治療や薬剤・アレルギー反応が原因で発症します。赤く染まった血尿が大きな特徴ですが、まだ小さいお子さんは自分で判断できないため、保護者が見つけてあげることが重要となります。

膀胱炎の検査

膀胱炎の診断や治療を行う際には、以下のような検査を行います。

尿検査

尿検査尿潜血の有無などを調べます。

尿沈査検査

細菌の有無や炎症時に増加する白血球数を調べます。尿を遠心分離器にかけて顕微鏡で観察します。

尿培養検査

尿に細菌があった場合、尿中の細菌を培養してその種類を特定します。

薬剤感受性検査

膀胱炎の原因となる細菌の種類が特定された場合、耐性を持たない抗生物質はどれかを調べて処方薬を決めます。

膀胱炎の治療

膀胱炎の治療方法は、その原因や膀胱炎の種類によって異なります。

急性膀胱炎

原因となる細菌に有効な抗生物質を服用して治療を行います。比較的短期で完治するケースがほとんどです。

慢性膀胱炎

原因となる細菌に有効な抗生物質を服用して治療を行います。症状の軽減を図り、基礎疾患がある場合は、疾患の治療を行います。

間質性膀胱炎

原因が特定できないため治療が難しく、完治が困難なため、症状の軽減を図っていきます。一般的には、膀胱に生理食塩水を注入する膀胱水圧拡張術で治療するほか、抗ヒスタミン薬や抗うつ薬などを用いて治療を行います。徐々に膀胱に尿を溜められるようにする膀胱訓練や膀胱炎を起こしやすい食べ物を特定し、摂取制限する生活指導なども行います。

出血性膀胱炎

ウイルス感染が原因の場合、有効な薬がないため、自然治癒するのを待ちます。できるだけ安静に過ごし、だいたい1週間ほどで肉眼的血尿などの症状が改善します。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ