貧血

貧血について

貧血女性血液には、全身に栄養分や酸素・ホルモンなどを届ける働きがあります。貧血は、血液中の赤血球内のヘモグロビンが減少している状態を言います。ヘモグロビンの量が減ると、全身の組織に十分な酸素が行き渡らず、あらゆる不調が現れます。貧血は、男性よりも女性に多い傾向にあり、高齢になるほど貧血が増えています。女性は、月経によって血液や鉄分が失われることと、食品の嗜好による鉄分不足が影響しています。

原因

主な原因は、赤血球不足・過剰な出血・血液を分泌する機能疾患・赤血球を破壊する疾患が挙げられます。特に、女性は鉄不足になりやすく、葉酸やビタミンB12が不足して巨赤芽球性貧血を引き起こします。過剰な出血の原因は、出産・月経・外傷・消化器がん・潰瘍などとされ、特に若い方に多い鉄欠乏性貧血は、ヘモグロビンを生成する鉄不足が原因です。血液を分泌する機能疾患としては、再生不良性貧血・骨髄異形成症候群・腎不全などの腎臓病・関節リウマチなどが挙げられます。また、赤血球を破壊する疾患は、赤血球が通常の代謝よりも速く破壊される溶血性貧血があります。日本人に多いのは、赤血球が先天的に球状で脆く、脾臓で破壊されてしまう遺伝性球状赤血球症です。

症状

初期の症状は、全身の倦怠感・疲労感・動機・息切れ・顔面蒼白が現れます。貧血の初期は、自覚症状がほとんどなく気付くことができません。運動をした時だけ症状が現れたり、健康診断で指摘されて初めて気付くことが多いとされます。病状が進行すると、頭痛・めまい・運動中の筋肉の痙攣・気が遠くなる・胸の痛みなどの症状が現れます。
また、鉄欠乏性貧血の症状としては、肌が荒れる・爪が割れやすい・髪の毛が抜ける・舌の炎症などが見られます。巨赤芽球性貧血は、手足のしびれやチクチクとした痛みが現れます。さらに病状が進行すると、抑うつ症状や記憶障害といった神経症状が現れるようになります。また、高齢者が貧血になるともの忘れの症状が目立つようになります。貧血によるもの忘れは、認知症とは異なります。

貧血の検査・診断

貧血は自覚症状がないため、健康診断で見つかるケースが多く、貧血の原因となる疾患や血中の鉄に関わる検査・そのほかの血液検査・便潜血検査などを実施します。貧血の診断には、血液中のヘモグロビン濃度を用いて診断します。WHOの基準では、成人男性で13.0g/dl未満、成人女性で12.0g/dl未満の場合、貧血とされています。そのほか、赤血球数や全血液量を占める赤血球の割合を示すヘマトクリット値もよく用いられます。

治療方法

貧血の原因によって治療方法が異なります。最も多い鉄欠乏性貧血では、鉄剤を服用します。また、巨赤芽球性貧血の場合、葉酸やビタミンB12などの栄養素を薬剤で補います。そのほか、潰瘍や消化器がんなどによる過剰な出血がある場合、それぞれ原因となる疾患に必要な治療を行っていきます。造血機能疾患や、赤血球を破壊する疾患・重度な貧血は、より専門的な治療を行う必要があるため、専門の血液内科をご紹介しています。

貧血の予防と注意点

貧血の予防で重要なのは、食生活です。ヘモグロビンのもととなる鉄分やタンパク質・ビタミンB12・葉酸が含まれている魚や魚介・乳製品・大豆などのほか、ビタミン・ミネラルを多く含む野菜や海藻類をはじめとするバランスの取れた食生活を心がけましょう。特に、妊娠中や授乳中の女性は、鉄分や葉酸が不足してしまいがちのため、注意してください。
鉄欠乏性貧血の場合、鉄剤と一緒に摂取できない飲食物があるので、医師の指示に従って治療を進めます。また、胃の摘出手術をしたことがある方は、巨赤芽球性貧血を起こしやすいため注意が必要です。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ