吐き気・嘔吐

注意が必要な吐き気症状

吐き気吐き気の症状には、種類や様々な症状があります。

緊急性が高くない吐き気

  • 一時的な吐き気で、繰り返さない場合

病院で診察が必要な吐き気

  • 繰り返す嘔吐
  • 長時間吐き気が持続する
  • 吐き気や嘔吐に加えて発熱や下痢が伴う

すぐに病院に行くべき吐き気

  • 嘔気・嘔吐が酷くて水分摂取ができない
  • 血が混じった嘔吐
  • 強い腹痛・麻痺。ふらつきが伴う吐き気

吐き気が発生する原因

一般的に吐き気とされる症状は、乗り物酔いや食べ過ぎ、飲みすぎのほか、妊娠時のつわりの症状が挙げられます。ただし、長く続いたり、繰り返したりする吐き気は何らかの疾患が隠れている場合があります。この場合、症状緩和よりも原因となる疾患を特定することと、適切な治療を行うことが重要とされます。

急な吐き気が伴う消化器疾患

急性胃腸炎

ウイルスや細菌感染が原因の疾患です。主に、ノロウイルス・病原性大腸菌などが一般的です。また、海外旅行などで感染して、帰国後に発症する場合などは注意が必要です。

急性虫垂炎

虫垂炎の初期症状に、吐き気・胃痛などの症状が現れます。病状が進むと、右下腹部痛が現れることがあります。

急性胆嚢炎・胆石発作

急性胆嚢炎や胆石発作の場合も、吐き気や嘔吐の症状が現れます。加えて、右上腹部痛や発熱が伴うことがあります。

腸閉塞

腸管が閉塞し、流れが滞って吐き気や嘔吐が現れます。大腸がんの症状のひとつでもあるため、緊急性が高い吐き気とされます。速やかに医療機関を受診してください。

狭心症・心筋梗塞

胸が締め付けられるように痛みます。場合によっては、胸痛はなく吐き気や嘔吐・左肩痛・歯痛などの症状が現れることがあります。

脳神経系疾患

脳炎・脳出血・脳梗塞・髄膜炎などの脳神経系の疾患の場合でも、吐き気や嘔吐の症状が現れます。頭痛・麻痺のほか、ろれつが回らない症状が見られたら、速やかに医療機関を受診してください。

長く続く吐き気や嘔吐と伴う消化器疾患

胃がん

胃がんの症状として、吐き気や嘔吐が起こる場合があります。胃がんの診断には、内視鏡検査が必要なうえ、早急な入院加療が必要となります。

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸粘膜がただれて潰瘍ができている状態が胃・十二指腸潰瘍です。この場合も、吐き気や嘔吐の症状が現れることがあります。病状が進行して、出血が生じた場合は緊急性が高いと判断されます。

うつ病

気分が落ち込む・気力がわかないなど、心身の症状が出る状態がうつ病です。吐き気や嘔吐などのほか、胃もたれなど消化器症状が現れることがあります。

吐き気がある場合の対応方法

一般的な食べ過ぎ・飲みすぎ・乗り物酔いなどによって吐き気がある場合は、安静に過ごして休むことが先決です。吐き気の症状が長引く場合は、医療機関を受診してください。吐き気のほか、頭痛や麻痺・しびれなどの症状が伴う場合は、速やかに受診してください。

もしも吐いてしまったら

消毒吐いてしまったら、まずは安静に過ごしてください。吐瀉物は、感染リスクがあるため、手袋やマスクを装着して後処理をしましょう。また、吐瀉物を処理した場所は、次亜塩素酸ナトリウムで消毒することが重要です。タオルや衣服なども、ほかの物とは分けて別個に洗う必要があります。処理した人は、うがいと手指消毒をしっかりと行ってください。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ