胃痛

注意が必要な胃痛症状

胃痛一言で胃痛といっても痛みは様々で、鋭痛を「キリキリと痛む」、鈍痛を「シクシクと痛む」、脈打つ痛みを「ズキズキする」、締め付けられる痛みを「キューっとする」など、表現も様々です。また、胃痛の種類によって、緊急性は異なります。

緊急性が高くない胃痛

  • 短時間で治まる胃痛
  • 胃痛が繰り返されない

病院で診察が必要な胃痛

  • 長期間痛みが治まらない
  • 胃もたれを伴う胃痛
  • 胸やけを伴う胃痛
  • 痛みが繰り返される胃痛
  • 胃の痛みに伴って発熱・便秘・下痢などの症状がある

すぐに病院にいくべき胃痛

  • 冷や汗が出る胃痛
  • 急に発生する鋭い痛み
  • 嘔吐・吐血を伴う胃痛
  • 痛い部分を押して離した時に痛みが増す
  • 歩いた時に響く痛み

胃の痛みの度合に応じて、緊急性が異なります。胃痛がある場合は、あまり軽視せず早めに消化器内科を受診してください。

胃痛が発生する原因

細菌や胃酸の過剰分泌によって胃粘膜が傷つけられたり、胃機能の低下によって胃痛が起きたりします。

食生活

胃酸が過剰に分泌されると、胃粘膜を傷つけてしまい胃痛が引き起こります。暴飲暴食・脂肪分の高い食事・刺激物やアルコールなどの過剰摂取は注意してください。

ストレス

ストレス過度のストレスや緊張を続けて受けると、自律神経に乱れが生じて、胃の働きが鈍ったり、胃酸が過剰分泌されたりして胃痛を引き起こします。その結果、胃粘膜を傷つけて胃痛を招きます。

ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると、胃粘膜内の胃粘液にピロリ菌が棲み込み、粘膜を傷つけて胃痛を引き起こします。ピロリ菌が生成するウレアーゼという酵素が原因で胃粘膜を傷つけて胃痛を引き起こします。

胃痛を伴う消化器疾患

急性胃炎

突然キリキリと胃が痛むほか、胸やけ・吐き気・胃の膨満感などが伴います。暴飲暴食をはじめ、細菌やウイルス感染・ストレスなどが原因とされます。

慢性胃炎

胃粘膜が傷ついたり、修復したりを長期にわたって繰り返すことで胃粘膜が萎縮してしまいます。ピロリ菌感染が原因とされるほか、食習慣の乱れや過度のストレスが起因するとされています。胃痛症状のほか、胃の膨満感・吐き気・胸やけ・むかつきなどの症状が現れます。

胃食道逆流症・逆流性食道炎

胃酸や胃の内容物が逆流することで、食道が炎症を起こして胸やけなどの症状を引き起こします。びらんを伴う場合を逆流性食道炎と言い、粘膜の傷が見られない場合を非びらん性胃食道逆流症と言います。胃痛をはじめ、胸やけ・呑酸・などの症状が見られます。お腹に圧力がかかる姿勢や肥満・妊娠・食べ過ぎ・早食い・脂分の摂りすぎなどが原因とされます。

胃・十二指腸潰瘍

強力な胃酸によって、胃や十二指腸の組織が剥がれ落ちて、深くえぐられて欠損した状態が胃・十二指腸潰瘍です。本来、胃粘膜は胃酸を分泌して食べ物を消化していますが、何らかの原因によって胃液が胃や十二指腸の組織を溶かしてしまいます。胃痛や胃のむかつき・腹部膨満感などの症状が現れます。また、胃潰瘍は食後の胃痛が起こり、十二指腸潰瘍の場合、空腹時の胃痛が多いのが特徴です。

機能性ディスペプシアとは

消化器粘膜に異常がないのに、胃・食道・十二指腸などに苦痛症状が現れる疾患を、機能性ディスペプシアと言います。主な症状は、胃痛・胃もたれ・吐き気・膨満感や張りなどの症状が見られます。

治療方法

生活習慣の改善

食事の内容・食事時間などの食生活の改善・見直しを行います。

内服薬

胃酸分泌を抑制して、胃の働きを改善する薬を処方します。

漢方薬

患者様の症状や体質に合わせて処方します。自律神経失調症に対応するものや、消化器機能を正常に維持するものなどがあります。

胃痛がある時の検査方法

胃痛の原因となる他の疾患の有無を調べる必要があります。

超音波検査(腹部エコー検査)

超音波検査で、肝臓・胆嚢・膵臓の状態を検査します。

血液検査

炎症の有無を調べます。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃・食道・十二指腸粘膜の状態を観察します。胃カメラ検査は、ピロリ菌感染の有無も検査できます。

胃痛を放置する危険性

胃痛がある場合、あらゆる消化器疾患が疑われます。胃痛をそのまま放置してしまうと、胃がんなどの重篤な疾患に至る恐れがあります。胃痛がある場合は、些細な症状でも放置せずに、一度医療機関を受診することをお勧めしています。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ