胃もたれ

胃の機能低下によって、食べた物が胃につかえて十二指腸に正常に排出できず、長時間胃に留まることで胃が重たく感じる状態です。暴飲暴食や疲労が溜まっている時などに胃もたれを生じることが多く見られます。

胃もたれの原因

胃の消化機能の低下

胃が疲れると、消化機能が低下して消化不良を起こします。脂っこい食事が続いたり、暴飲暴食・香辛料などの刺激物・アルコール・炭酸飲料・たばこなども原因となります。

胃の排出機能の低下

胃の内容物が十二指腸に正常に排出する機能が弱まって、胃に食べ物が長く滞留することで胃もたれの症状が現れます。加齢・運動不足などが原因となるほか、たばこの成分であるニコチンも悪影響があるとされています。

ストレスによる自律神経の乱れ

胃や腸機能は、自律神経によってコントロールされています。ストレスや緊張を感じることで、胃の蠕動運動がうまくいかずに、排出機能が低下してしまい、胃もたれ感を生じます。

ピロリ菌による慢性胃炎

ピロリ菌感染によって、胃粘膜が傷つけられると、胃は慢性的に炎症を起こした状態となります。これによって、胃もたれや胸やけ・吐き気・胃酸の逆流などが起こります。このように、ピロリ菌によって胃が慢性的に炎症を起こすと、次第に萎縮性胃炎となり、病状が進んで胃がんを発症する恐れがあります。

胃もたれを伴う主な疾患

胃下垂・胃腸虚弱(胃アトニー)

通常の胃の位置よりも、下がった場所にある状態を胃下垂と言います。胃下垂の場合、胃の蠕動運動が弱くなって、胃全体の機能が低下し、胃もたれや便秘を引き起こします。

慢性胃炎

炎症が長く続くことで胃の粘膜が弱まり、胃炎が治りにくくなっている状態が慢性胃炎です。胃もたれの症状のほか、胃痛や吐き気が生じます。慢性胃炎の約8割がピロリ菌感染が原因とされています。自覚症状がない場合もありますが、空腹時の胸やけと、食後のむかつきが大きな特徴です。慢性胃炎をそのまま放置してしまうと、胃潰瘍を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸粘膜に深く傷がつく状態を、胃潰瘍・十二指腸潰瘍と言います。主に、ストレス・ステロイド薬・ピロリ菌・非ステロイド性消炎鎮痛剤などがきっかけとなり、強い胃酸や消化酵素が粘膜表面や組織を消化してしまいます。このように、本来粘膜を守る作用と消化作用の胃酸バランスが崩れることで発症します。食べ物を食べるとみぞおちの辺りがズキズキと痛むほか、胸やけ・胃もたれが生じます。

日常生活でできる予防方法

脂っこい食事は胃もたれの大敵

胃もたれの症状改善及び、予防には胃に負担をかけないことが重要です。規則正しい食事を心がけ、量は腹八分目で済ませ、強いアルコール・喫煙を避けましょう。

食事の休憩をとりましょう

消化に血液を回すことを意識して、食後30分は休憩時間としゆっくりと過ごしてください。

ピロリ菌除菌

ピロリ菌感染の有無を調べることは大切です。ピロリ菌は、胃粘膜に感染すると、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの疾患を引き起こしてしまいます。気になる症状がある場合は、早めに医療機関を受診してください。

胃もたれの対処法

マッサージで胃機能回復

入浴時に行う腹部のマッサージは、胃の機能回復に有効です。湯船でゆったりと温まりながら、優しく肋骨下周辺を指で揉みます。この時、息をゆっくりと吐きながら行ってみてください。揉む位置が分からない場合は、ご相談ください。

医療機関を受診しましょう

胃もたれは、様々な疾患の症状であることが多く見られます。ストレスによる胃の消化不良の場合もありますが、暴飲暴食による胃の疲れ・胃アトニー・胃下垂などのほか、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんなどの重篤な疾患の恐れもあります。胃もたれの症状が気になる場合、何度も繰り返す場合は、一度当院までご相談ください。
  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ