過敏性腸症候群

腹痛炎症やポリープ・潰瘍・がんなど器質的異常がないのに、腹痛や下痢・便秘・膨満感などのつらい症状が慢性的に続く状態を過敏性腸症候群と言います。突然便意が起こって激しい下痢症状が現れるなど、日常生活において行動制限されるなど大きな支障を及ぼします。機能を改善することで、つらい症状を緩和することができます。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状には、下痢型・便秘型・交代型に区別されます。腹痛や腹部膨満感・不快感、便通異常などの症状が現れます。突然激しい腹痛に襲われるケースと、鈍痛が慢性的に続くケースがあり、ほとんどの場合で便意が伴う腹痛です。この場合、排便することで腹痛が解消されます。これらの消化器症状のほか、頭痛や不安感・疲労感・集中力低下・抑うつ症状などが現れます。

下痢型

強い腹痛と便意が起こり、激しい下痢となって排便します。突然の腹痛と便意のため、通学や通勤時にまともに電車に乗れず、不安を抱くようになります。この不安や緊張が症状を悪化させてしまうことで、外出が困難になってしまうケースもあります。

便秘型

強い腹痛と便秘の症状が現れます。強くいきんでも、うさぎの糞のように小さくてコロコロとした便が少量出ます。これは腸管の痙攣が主な原因とされます。

交代型

つらい腹痛に伴って、便秘と下痢を交互に繰り返します。

症状を起こすきっかけ

主に、消化管の運動異常及び知覚過敏など、機能的異常が原因となって症状を起こします。また、自律神経が消化管機能をコントロールしているため、ストレスや緊張など、心理的な負荷も症状を引き起こすきっかけとなります。さらに、感染性腸炎にかかることで、過敏性腸症候群を発症することがあるため、免疫異常も誘因のひとつとされています。

過敏性腸症候群の診断

まずは、器質的異常の有無を調べます。症状がその他の疾患と似ているため、他の消化器疾患ではないことを確かめる必要があります。過敏性腸症候群の診断には、世界的に標準化された判断基準「RomeIV(R4)」を用います。現在は、2016年版が最新の基準として使われています。

RomeIV(R4)

  •  腹痛などの苦痛症状が排便することで解消する
  • 症状の有無によって排便頻度が異なる
  • 症状の有無によって便の状態が異なる

※6カ月以上前から症状があり、最近の3カ月で1カ月につき3日以上腹痛または腹部不快感があり、上記の2項目以上当てはまること。なお、器質的疾患の有無を調べるために、血液検査・尿検査・便検査・大腸カメラ検査を行うことをお勧めしています。

治療方法

過敏性腸症候群は、突然の腹痛と便意、下痢症状など、日常生活に支障を及ぼす症状のため、適切な治療を地道に続けることが重要です。症状改善には時間がかかり、完治できる治療方法がないため、日頃の苦痛症状を緩和しながら治療を進める必要があります。
以下のように、症状緩和を図るために、生活習慣の改善・運動療法・薬物療法を行います。

生活習慣の改善

バランスの整った食事乱れた食習慣や睡眠不足、過労、ストレスなどを解消し、生活習慣の改善を図ります。大量の飲酒や刺激物の摂取も控えてください。焦らずに、できることから少しずつ改善していきましょう。

運動療法

ストレッチやウォーキング・ジョギング・散歩・水泳など、軽い運動を習慣化することが大切です。血行を促進させ、腸機能を正常に整えることができます。

薬物療法

つらい消化器症状によって日常生活に支障を及ぼす場合、薬物療法を行い症状を緩和させます。患者様の症状やお悩みに十分留意して処方を行います。必要に応じて、抗不安薬や抗うつ薬などを処方します。さらに、漢方薬の処方や乳酸菌・酪酸菌製剤などもあるので、ご要望がありましたら遠慮なく当院までご相談ください。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ