胃潰瘍

胃潰瘍とは

腹痛男性胃酸によって胃粘膜が分解されて、一定以上の深さまで傷ついている状態が胃潰瘍です。胃のピロリ菌感染や痛み止めなど薬の服用などで、胃酸過多や防御力低下が主な原因とされます。重症化すると、出血や胃に穴が開くことがあります。

症状

みぞおち中央やお腹の上方に鈍い痛みなどの症状が現れます。そのほか、違和感や不快感・吐き気・胸やけ・ゲップ・胃もたれ感・腹部膨満感などの症状が見られます。これは、潰瘍によって胃の蠕動運動が障害されることで生じます。さらに、病状が進行すると、胃壁の血管が浸食され、出血が起こります。それによって、下血や吐血の症状が現れるほか、貧血の症状も併発することがあります。
特に、空腹時に痛みが現れ、この場合食事をすると痛みが消失することがあります。また、胃に穴が開く穿孔を起こすと激痛が走ります。

原因

ピロリ菌感染が主な原因となることが多いとされます。その他、非ステロイド系消炎鎮痛など痛み止め薬の服用による、薬剤性潰瘍が増加傾向にあります。ピロリ菌が原因で起きた潰瘍は、ピロリ菌の除菌治療を行うことで潰瘍を除去することができ、再発がほとんどありません。薬剤性潰瘍は、非ステロイド消炎鎮痛薬を服用した方に多く見られます。市販の風邪薬や頭痛薬、痛み止め薬にも含まれているため、自己判断で市販薬を使用するのは注意が必要です。

治療

胃酸過多が原因で症状が現れるため、胃酸分泌抑制剤を用いて治療を行います。それと同時に、胃粘膜保護をする薬剤も処方していきます。薬剤性潰瘍の場合は、内服薬の中止及び、薬の処方変更を行います。また、ピロリ菌感染が陽性の場合は、粘膜がある程度改善したら除菌治療を行います。胃内壁の傷が深くて出血が酷い場合や、穿孔が起きている場合は、緊急手術を行います。胃潰瘍とそれに似た胃がんを区別するために、内視鏡検査を行います。気になる症状がありましたら、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

胃潰瘍における注意点

胃_イラスト胃潰瘍のほとんどが、ピロリ菌感染か、非ステロイド系消炎鎮痛薬の服用による薬剤性潰瘍とされます。それに加えて、胃や腸などの消化管機能は自律神経がコントロールしているため、自律神経のバランスの崩れが影響し、症状悪化などを起こすことがあります。特に、過度のストレスや緊張は、自律神経のバランスを崩し、消化管機能を低下させてしまいます。適切な治療を行うと同時に、ストレスを溜めないように上手に解消すること、十分な睡眠をとり、食事においては刺激物やアルコール・カフェインの摂りすぎを控えましょう。可能な限り、胃粘膜への負担を軽減し、リラックスして過ごしてください。不安なことがありましたら、早めに当院までご相談ください。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ