下痢

下痢とは

腹痛水のような便が1日に何回も出る状態が下痢です。急激に症状が現れて、短期間で回復する急性下痢と、長期に渡り下痢症状が続く慢性下痢とに分類されます。正常な便の水分量は70~80%とされ、軟便は80%、下痢は90%以上とされています。

早急に受診が必要なケース

  • 急激に下痢が起こって治まらない
  • 血液が混じった下痢症状
  • 吐き気・嘔吐・発熱が伴う下痢
  • 脱水症状が見られる
  • 排便しても腹痛が治らない

※市販の下痢止め薬を使用すると、排出が必要な毒素や病原体まで排泄できなく、重篤な自体となる恐れがあるため、市販薬の服用はせずに、速やかに当院を受診してください。

下痢の原因

急性下痢の原因は、主に暴飲暴食や感染などが考えられ、慢性下痢は薬の副作用や炎症性腸疾患が疑われます。

急性下痢

暴飲暴食・アルコール過剰摂取のほか、ウイルスや細菌感染が原因で起こります。冬の時期は特に、ウイルス性大腸炎が増えます。感染性胃腸炎は、周囲への感染拡大を防ぐためにも早期に医療機関を受診してください。

慢性下痢

薬の副作用や過度のストレスのほか、大腸がんや過敏性腸症候群・潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患など、多岐に渡り原因が考えられます。この場合、重篤な疾患がないかを早急に調べます。

下痢を起こす代表的な疾患

ウイルス性胃腸炎

ノロウイルス・アデノウイルス・ロタウイルスなどのウイルス感染が多く、その他コロナウイルスなど様々なウイルス感染によって下痢を引き起こします。加えて、発熱や腹痛・吐き気・嘔吐などの症状に伴って脱水症状にも気を付ける必要があります。特に冬の時期に感染流行しやすいため、早めに医療機関を受診してください。

過敏性腸症候群

器質的な異常が見られないのに、腸の蠕動運動など機能的な問題があり下痢症状を引き起こします。主に、下痢タイプと便秘タイプ、それぞれを交互に繰り返すタイプがあります。下痢タイプは、緊張や不安など精神的ストレスをきっかけに、突然の強い腹痛と激しい水のような下痢に襲われます。

潰瘍性大腸炎

大腸や小腸粘膜に慢性的な炎症が起きるのが潰瘍性大腸炎です。下痢症状のほか、血便が現れます。症状のある活動期と症状が治まっている寛解期を繰り返します。特定される原因が分からず、厚生労働省より難病指定されています。なるべく、寛解期を長く維持できるように治療でコントロールしていきます。

クローン病

厚生労働省より難病指定されています。クローン病は、口から肛門までの消化管全ての範囲に炎症や潰瘍を起こします。活動期と寛解期と繰り返すなど、潰瘍性大腸炎と症状が似ていますが、クローン病は栄養療法を行うことがあるため、鑑別が非常に重要です。

大腸がん

大腸がんのほとんどは、大腸ポリープを放置して発症します。大腸がんや大腸ポリープが大きい場合、便秘や下痢の症状を繰り返すなどが見られます。加えて、血便が伴う場合もあります。

下痢の治療

急性下痢

水分補給基本的に安静を保ち、自然回復するのを待ちます。脱水症状に気を付けて、水分を十分に補給します。必要に応じて、抗菌剤や整腸剤を用いて治療を行います。

慢性下痢

問診を行ったあと、腹部を触診します。必要に応じて、大腸カメラ検査などを行い、原因疾患の治療を行います。炎症など器質的異常がない過敏性腸症候群と診断された場合は、生活習慣改善や薬物療法などを行い、症状緩和や腸機能の改善を図ります。

  • 052-433-6900
  • LINEで予約する
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ