膠原病内科

膠原病とは

膠原病は、単一の何らかの病気ではなく、免疫に異常が起きることで全身の血管をはじめ、筋肉や皮膚・関節など複数の臓器に炎症が現れる病気の総称を指します。膠原病には、いくつもの病気が含まれていて、リウマチなども膠原病に含まれます。主な症状として、湿疹や発熱・関節の痛みなどが共通して見られます。

リウマチ以外の主な膠原病

  • ベーチェット病
  • 全身性エリテマトーデス
  • ジェーグレン症候群
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎
  • 強皮症
  • 混合性結合組織病

主な症状

  • 疲れやすい
  • 皮膚が乾燥する
  • 手足が冷える
  • 発疹が出る
  • 浮腫んでいる
  • 熱っぽい
  • 筋肉痛がある

関節の痛みのほか、原因不明の発疹や発熱など様々な症状が全身に現れます。さらに口内炎や脱毛・しびれ・手指のしびれ・握力の低下・眼や口の乾き・爪の変形なども膠原病の徴候として見られます。これらは、膠原病に限られた症状ではないため、原因となる疾患を正確に診断し、適切な治療を行うことが大切です。上記のような症状にお悩みの方や、気になる点がある方は、当院までご相談ください。

  • LINEで予約する
  • 052-433-6900
  • WEBで予約する
  • 併設歯科はこちら
  • 事前WEB問診
  • 052-433-6900
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ