循環器内科

循環器内科とは

循環器内科心臓疾患や血管・リンパ管の疾患を診療する専門科が循環器内科です。高血圧症や心筋梗塞・狭心症・動脈硬化症・動脈瘤などの心疾患や脳血管疾患の原因となる高血圧や糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病など、総合的に診療しております。

主な心疾患

  • 狭心症や心筋梗塞など(虚血性心疾患)
  • 不整脈
  • 心筋症
  • 弁膜症
  • 心内膜炎 など

主な動脈疾患

  • 大動脈瘤
  • 大動脈解離
  • 閉塞性動脈硬化症 など

主な静脈疾患

  • 下肢静脈瘤
  • 静脈血栓症 など

生活習慣病と循環器内科

心臓の筋肉に酸素や栄養素を送る役割の冠動脈が動脈硬化を起こし、狭窄や閉塞を生じることで、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。また、動脈硬化による血管の狭窄や閉塞が原因で脳血管疾患も発症してしまいます。動脈硬化は、生活習慣病によって進みますが、その中でも4大危険因子とされるのが、高血圧・脂質異常症・糖尿病・喫煙です。循環器内科では、この生活習慣病と動脈硬化の状態を確認できるため、幅広い心疾患と脳血管疾患の適切な処置や予防、病気の進行を防止することが可能です。動脈硬化は、食習慣の欧米化や運動不足など現代の生活様式によって増加しています。食生活にある程度気を付けている健康志向の高い方でも、そのバランスが悪くて動脈硬化が進む場合があるため、健康診断や人間ドックなどで異常を指摘されたら、早めに当院までご相談ください。

循環器内科の受診が必要な症状とは

  • 息切れする
  • すぐに息苦しくなる
  • 胸や背中が痛くなる
  • 胸が圧迫されているように苦しくなる
  • 動悸がする・心臓の鼓動が目立って気になる
  • 脈が乱れる・脈が速い・脈が遅い
  • 失神することがある・眼の前が真っ暗になって立っていられなくなる
  • めまいがする
  • 足が浮腫む・腫れる
  • 歩いていると足が痛くなる・だるくなる

健康診断や人間ドックで以下の指摘を受けたら循環器内科を受診しましょう

  • 血圧が高い
  • 心臓に雑音がある
  • 心電図に異常がある
  • 血中脂質(コレステロール・中性脂肪)・尿酸値が高い

不整脈は、動悸・脈が乱れる・遅い・速いなどの症状が現れます。過労や寝不足・生活習慣の乱れなど、体調や環境の変化が影響して引き起こることがありますが、場合によっては循環器系疾患が原因であることがあります。心疾患の場合は、不整脈が早期発見のサインにもなります。早期発見と適切な診断と治療によって、重篤な発作を予防できます。気になる症状がある場合は、些細なことでも早めに当院までご相談ください。

循環器内科で診療する主な疾患と治療

虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)

心臓に酸素や栄養素を運ぶ血管を冠動脈といいます。この冠動脈が動脈硬化によって狭くなると狭心症を引き起こします。冠動脈が詰まって閉塞してしまうと、心筋の一部が壊死して心筋梗塞を引き起こします。主な症状は、胸や背中の痛み・肩や首・あご・歯の痛みなどが現れます。狭心症の場合は短時間で痛みが治まりますが、心筋梗塞の場合は激しい痛みが長く続き、吐き気の症状などが見られます。特に、心筋梗塞の場合は、迅速で適切な処置が必要となります。狭窄が軽度の場合は、薬物療法が可能ですが、病状が進行している場合は、カテーテルを用いて血管を拡げる冠動脈形成術を行います。冠動脈が閉塞している場合は、血管をつなぐバイパス手術が必要です。手術治療が必要と判断された場合は、連携する高度医療機関をご紹介しております。治療をスムーズに行えるよう、徹底してサポートを行い、病状が落ち着きましたら治療を引き継ぎ、当院できめ細かな治療サポートを行います。

心臓弁膜症

心臓の大動脈弁や僧帽弁は、血液の逆流を防ぐ役割があります。この大動脈弁や僧帽弁が狭窄したり、閉じ方が不十分になると心臓弁膜症を引き起こします。心臓弁膜症は、超音波検査の心エコーで診断できます。心臓弁膜症は、心臓内の血栓・心不全・不整脈のリスクがあり、これらの発症リスクを予防しながら治療を行う必要があります。病気が進行している場合は、弁機能回復させるために、弁形成術や人工弁の弁置換術などの手術治療を行います。この場合、連携する高度医療機関をご紹介しております。スムーズに治療を行えるよう、徹底してサポートを行い、病状が落ち着きましたら治療を引き継ぎ、当院できめ細かな治療サポートを行います。

心筋症

心臓の筋肉が分厚くなる肥大型心筋症や、心筋が薄くなる拡張型心筋症など、心臓の筋肉に異常が現れる疾患を心筋症と言います。心筋症によって、全身に血液が十分届かなくなって、不整脈や心不全を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。症状に応じて、薬物療法や手術治療など治療方法も様々です。手術治療が必要と判断された場合は、連携する高度医療機関をご紹介しております。治療をスムーズに行えるよう、徹底してサポートを行い、病状が落ち着きましたら治療を引き継ぎ、当院できめ細かな治療サポートが可能です。

不整脈

脈が速くなる・遅くなる・脈が飛ぶ・途切れる・不規則になるなど、脈の乱れる状態を不整脈と言います。特に、異常がない場合もありますが、重篤な循環器疾患の症状の可能性もあるため、気になる症状がある場合は、早めに医療機関を受診してください。病状に応じて、薬物療法やカテーテルなどの治療を行います。

血管の病気

循環器内科では、動脈と静脈に引き起こる疾患を診断及び治療を行います。大動脈解離や大動脈瘤・閉塞性動脈硬化症・下肢静脈瘤・バージャー病・深部静脈血栓症・肺塞栓
・肺梗塞などのほか、動脈硬化の原因となる生活習慣病など全体的な診療を行い、循環器疾患の発症や病気の進行を予防しております。生活習慣病は、動脈硬化を進行させてしまうため、循環器内科において動脈硬化の状態を把握して、治療を行うことが非常に重要です。

動脈硬化リスクのある慢性疾患の治療

動脈硬化の発症・進行に大きな影響を及ぼすのに、高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・喫煙などが挙げられます。特に、喫煙している場合は、禁煙が必須です。また、食習慣の改善や運動習慣の定着など、これまでの生活習慣を改善し、それでも変化が見られない場合は薬物療法などで動脈硬化を予防していきます。

高血圧

血圧が高い状態が続くことを、高血圧と言います。長期間、血管壁に高い圧力がかかると動脈硬化が進み、心筋梗塞・心不全・脳卒中など心疾患や脳血管疾患を引き起こす可能性があります。血圧は、些細なことで変動します。1度の計測だけでは診断できないため、こまめにご自宅でも計測することでご自身の正確な血圧を把握することができます。高血圧を指摘された場合は、塩分を抑えた食事や適度な運動などを心がけてください。適切に血圧を管理することで、心疾患や脳血管疾患を予防することができます。生活習慣の改善を行っても、血圧が正常値に戻らない場合は、降圧剤を用いて血管の管理を図っていきます。

糖尿病

血液中の糖分値(血糖値)が高い状態が長く続き、血管に大きな負荷がかかって、動脈硬化を進行させる疾患が糖尿病です。血糖値を下げる働きのあるインスリンは膵臓から分泌されますが、このインスリン量が少ないか、またはインスリンの働きが不十分であることが原因となります。糖尿病は、毛細血管にも大きな影響を及ぼすため、動脈硬化だけではなく、糖尿病合併症による失明や足の壊死・腎不全などを引き起こしてしまいます。さらに、心筋梗塞や狭心症・脳血管疾患などの原因にもなるため、適切に血糖値をコントロールする必要があります。

脂質異常症(高脂血症)

血中の脂質異常が原因で動脈硬化を進行させる疾患を脂質異常症と言います。悪玉コレステロールが多い、善玉コレステロールが少ない、中性脂肪が多いなど、血液中の脂質分に異常が見られます。主に、食生活の欧米化による食習慣の乱れが原因で、年々罹患者数が増加傾向にあります。脂質異常症は自覚症状がないため、健康診断など定期的に検診を受けることが重要です。特に、女性は閉経後の発症リスクが上昇するため、注意が必要です。

高尿酸血症(痛風)

血液中の尿酸が通常よりも多く、過剰な尿酸が結晶を作って関節に溜まることで、激しい痛みが現れる疾患を高尿酸血症といいます。一般的に痛風と呼ばれ、特に足の親指付け根に発症することが多く、激烈な痛みが伴う痛風発作が起こります。高尿酸血症を治療せずに、そのまま放置するとさらに動脈硬化を進行させ、尿路結石や腎臓結石・腎機能障害などの発症リスクが高まってしまいます。また、尿酸値が高くても発作が伴わないこともあるため、健康診断や人間ドックなどで高尿酸血症を指摘された場合は、早めに当院までご相談ください。

ニコチン依存症

動脈硬化を引き起こす4大危険因子のひとつとして、喫煙が挙げられます。動脈硬化を予防または病気の進行を防ぐためには、禁煙は欠かせません。喫煙の習慣は、ニコチン依存症という病気です。ニコチン依存症は、血液中のニコチン濃度が一定以下になると、不快感が生じ、繰り返し喫煙してしまう状態を言います。当院では、疾患予防の観点から禁煙外来の診療を実施しており、ニコチン依存症の治療を行っております。禁煙をひとりで行うのは非常に難しいため、当院では完全に禁煙できるようにしっかりとサポートしております。

当院について

ご相談ください当院の循環器内科では、心疾患や脳血管疾患の診療だけではなく、その原因となる生活習慣病や喫煙習慣などを幅広く、総合的に治療を行っております。気になる症状がある場合や、健康診断や人間ドックなどで何らかの異常を指摘された場合は、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

  • 併設歯科はこちら
  • 052-433-6900
  • 事前WEB問診はこちら
  • 併設歯科はこちら
  • 24時間WEB予約
  • 24時間WEB予約
  • 事前WEB問診はこちら
TOPへTOPへ